ubuntu

14.04LTSを入れてみた

設定(ToDo)

FirefoxからChromeに。

GoogleIME設定。

apt-get install ibus-mozc

unity 重い。。Cinnamonにでもしようかとおもったが14.04まだ?とりあえず

sudo apt-get install lubuntu-desktop

アニメ効果とかを切る

sudo apt-get install compizconfig-settings-manager
ccsm

うーん、これでもまだ納得いかないので、けっきょくlxdeにした。 cairo-dockを入れてosx風に。

sudo apt-get install lxde cairo-dock

音が出ない

alsamixer

Java

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

自動マウント

リンク

wineでMoI

DirectXが必要らしい。 こちらを参考にインストール。

おすすめのd3dx9_36を入れた。あと ここによると gdiplusと ie8も必要っぽい。

こちらに従ってnVidiaのドライバも最新版に

sudo apt-get install nvidia-current-updates

動いた!ファイルロードも動かないのは試用版の制限かしら。ああ、互換はRhino4まででRhino5とは非互換なのね。

DAW

以下古い


いろいろとあたらしい概念があって勉強中。ALSA,jack, pulseaudio等々。こちらがわかりやすい。

DAWはArdourがよさそう。jackの設定だけ済んでればあっさり録音再生はできた。 MIDIがわけわからん。。

リアルタイム処理を許可はしておかないと起動時にいろいろ文句いわれる。 a2jmididをインストール。こいつでALSAとMIDIをつなぐらしいが。。よくわからない。 qjackctrlでjackdを開始するとArdourが怒る。jackdはArdourが勝手に起動するようだ。

そもそもLinuxのプラグイン規格はLADSPA/DSSI/LV2というのがあって、VSTはwineでむりくり対応らしい。まあそうか。

まずはネイティブのLV2をベースに調べると、こちらにリストがある。なるほど、calfが定番ですと。SF2プレイヤー(Calf FluidSynth)もあるけどgit版にしかないとか記述があるが、2014/5/1時点ではパッケージに含まれてるようだ。

ひとまずここまででサウンドフォントによる音楽制作環境は一応整った。しかしなんかブツブツいうのはCPUパワーが足りないのかボード設定が不十分なのか。->ASIOのバッファ設定だった。

  • サウンドフォントシンセはQsynth とかlinuxsamplerとかがある。*http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20080412/p1* qsynthをjack経由で鳴らすのが一番簡単か? Calf FluidSynthで万全。

jack経由でVSTを鳴らすのはこんなのがあるようだ。しかしfstはardourに内蔵という話もあるが、なんかビルドしないといけないらしい。

  • WinVSTとArdour3について FestigeかCarlaでどうだということだが。carla-git+carla-bridge-win32をKxStudioから落とす。carla起動してSynth1を立ち上げておいてqjackctrlで特定トラックのmidi_out->Synth1というふうに接続、オーディオは**と接続しておくとMIDI録音Ok。これぐらいの完成度で動くならArdourビルドも試すかなあ。。

KxStudioからバイナリもらってくるのが楽か http://kxstudio.sourceforge.net/Repositories に従って設定。

プラグイン

  • Guitarix。ギターアンプシミュレータ
  • KlangFalter コンボリューションリバーブ
  • IR コンボリューションリバーブ