DDNS

DDNSとは

ダイナミックDNSとは、自宅サーバなどに割り当てられたグローバルIPアドレスを、見かけ上、固定グローバルIPと見なすことのできるサービスです。

DDNSサーバは、クライアントの問い合わせに対して、登録されているIPを教えます(細かく言うとちょっと違うが)。 自宅サーバのグローバルIPはプロバイダ都合や再切断の際に更新されるので、道案内を確実に行うためには、以下を定期的に行うことが必要となります。 自分の現住所はどうなってるかを定期的に確認。 変更があればDDNSに届け出る。 DDNSサーバは道案内のみを担当するので負荷はさほど大きくない。そのため、サービス価格は無料か数100円/月程度のものが多い。レンタルサーバなどに比べてかなり安価である。

DDNSサイト

 無料なものは海外のサイトが多かったのですが、日本のサイトが増えてきました。最近はプロバイダが自ら対応するところも多いです。

  • 家サーバープロジェクト  jpドメインがある。しばらく使わせていただいてた。今のところ無料。
  • 鯖跳び 厳密にはDDNSでは無いが、Webだけの場合はこちらの方がお手軽かも。登録再開したようだ。
  • Dynamic DO!.jp 無料だしjpドメイン。当サイトで使わせていただいています。

DDNSの更新

ほかのサーバもほぼ同様だと思いますが、登録にはWebでサーバにアクセスするのが基本的な使い方です。これでは定期的にブラウザでサーバを見に行かないといけないのであまり現実的ではないです。

いくつかツールがあるのですが、DiCEが決定版のようです。 Linux版もあり、 当サイトでは今これを使っています。おやじさんのサイトに詳しい使い方があります。

基本的には、

$ diced

と入力して、helpを見つつ設定をすませ、

# diced -d -s -l

としてデーモン起動するだけ。