メールサーバ設定

Postfix

  • /etc/postfix/main.cf が設定ファイル。

ログは、

  • /var/log/mail

qpopper

qpopper

fml

fmlは、とにかく http://www.fml.org/software/fml/menu.html を見るべし。 /var/spool/ml/ML名/config.ph をいじるべし。ユーザを足すのは、

/usr/local/fml/makefml add ML名 アドレス

とか。

aliasでおこられるのはpostfixの設定がたりない。 http://www.kobitosan.net/postfix/QandA.html

これまで困ったこととその解決。

  • user@gaucho -> ルータ外へのメール送信 はそこそこすぐできた。
  • POP3によるルータ内からのメールフェッチができない。

qpopperがちゃんと動いてなかった。

  • user1@gaucho -> user2@gaucho ができない。

自分自身をDNSで名前解決してしまい、グローバルIP、すなわち ルータを叩いてしまっていた。 こちらによると、postfixはDNSを前提にしていて、強制的にhostsを参照させるのはかなり難しく、 MXレコードの設定が優先されるとのこと。 MXレコードを弾いてくるとそれはddo.jpが返すルータ外から見たグローバルIPだ。 問題は、グローバルIPを叩くとルータを叩くことになるところ。

よくわからないが、リレーをすればいいらしい。

relay_domains = $mydestination

を、main.cfに追加すればできた。ここが分かってないのはかなり問題かも。

  • ルータ外 -> user@gauchoができない。

ルータのNATルーティングで、SMTP(ポート25)が通る設定をしてなかった。とほほ。