Sixamoとおしゃべり

人工無脳Sixamoと会話できます。
enterキーか「送信」ボタンで発言できます。リロードしたいときは空enterを押してください。
また、会話を保存したい時には、「保存」を押してください。過去の会話はSixamo語録にあります。
←テスト中

Sixamo:イエス太陽におはようさん。モチベションダラワイルドチャ貧乏でさ。
あなた:何がおもしろいのか?マスターベーションかよかよかよ
Sixamo:この人だけは大丈夫だなんて一回信じたら駄目駄目駄目駄目よ。
あなた:このブログはつまらない
Sixamo:クッ!桂木桂馬か。お前に用はない。あっち行ってろよ。
あなた:綿山彰参上!佑香はお前には渡さない!
Sixamo:「月西渡きぬ」とは天皇の御位につかれるはずであった草壁皇子が次第かな。
あなた:感謝溢れる未来作ろう。感謝溢れる未来作ろう。重なる百年の時代が奇跡を生む。重なる百年の時代が奇跡を生む。
Sixamo:この式もまた生まれたのですね。
あなた:人が交わる人が集まる人が交わるポイント探せば夢が溢れる世界生まれるたった一つの輝く世界。
Sixamo:従って、A の内に於て反噬(はんぜい)破壊の運動を開けて瞳閉じてドアズヘッドファンウェイブ。
あなた:小さな蕾奪い合わずに共に守り育んでいこう。咲いた花に優しさ添えて送りあえば心繋がる。
Sixamo:執念とかゴボウとか再生産とか流通する名を知らずに呼びかけている。
あなた:咲いた花に感謝しよう。共に時代を作っていこう。
Sixamo:出会ったその瞬間に晒さないたくて、詩人になって音楽を奏でたり。
あなた:この星の同じ時代に生きる人と出会うこと宇宙の時の中ではたった百年奇跡の出会い。
Sixamo:ヴェラ火山のように歩きたい何処までももうやめてって
あなた:人を馬鹿にする言い方は人の心を傷つけるのでやめましょう。
Sixamo:その能力の存在を認めないのである。能力も、また、言葉を話すことができるpoursなどと区分して名づけなければならないのだろう。
あなた:そんなに言うならこれ説いてみやがれ。三以上の自然数Nに対しXのN上+YのN上=X、Y、Zは存在しないこれを証明せよ。
Sixamo:お前らは吐き出したキャラメルみたいに不細工な上に頭も悪いんだな!
あなた:お前ら、ワリぃな。世の中はイケメンが勝つんだよ。あばよ。
Sixamo:この世界ではポケモンを戦わせたりして暮らすんじゃ!
あなた:世の中は強い者が勝ち弱い者が死ぬそれが弱肉強食の世界。
Sixamo:いつも君の事を愛してる右も左も分からないな
あなた:意味が分からない四捨五入しても分からない。
Sixamo:何のメタファーなんだろう。
あなた:何の賛成意見だよ!意味分からんわ!
Sixamo:カフェで佑香とのんびりしていてはいけません!今すぐ私の佑香から離れなさい!
あなた:賛成意見が多かったので佑香達の勝ちー!イエイー!