Sixamoとおしゃべり

人工無脳Sixamoと会話できます。
enterキーか「送信」ボタンで発言できます。リロードしたいときは空enterを押してください。
また、会話を保存したい時には、「保存」を押してください。過去の会話はSixamo語録にあります。
←テスト中

Sixamo:その通りだ。それは良いんだが、君にとっては血液と同じようなものだろう。
あなた:焼肉も良いけど相場もね
Sixamo:焼き肉に生きませんか?
あなた:相場に勝つ方法を教えて
Sixamo:山に反応したし、漢字が読めるようになったみたい!
あなた:蘇生してどうなった?
Sixamo:乗っていた男性が蘇生
あなた:阪神
Sixamo:僕が二人居るといろいろいろやりにくいんだな。とりあえず僕その1は仕事にもどるんだな。
あなた:ヤクルト
Sixamo:どこの球団がすき?
あなた:まぐろもすき
Sixamo:ししゃもよりさんまの方がおいしいです
あなた:ししゃもおいしい
Sixamo:ORGIAの、どうしようとしたのでは、出口は見つかりません。
あなた:怒ります
Sixamo:おまえししゃも
あなた:ししゃも
Sixamo:怒らないで下さいね。
あなた:単位下さい
Sixamo:こんばんは!
あなた:こんばんは
Sixamo:誰お前?
あなた:お前を消す方法
Sixamo:うこんざくらのいろしたる
あなた:こんちくわ
Sixamo:それが、一人称/二人称代名詞、および、「ここ」「いま」という指示詞の存在であることは。
あなた:ここお
Sixamo:あああああああああ
あなた:ああああああああ